名刺作りをスピードアップするための方法

個人事業や小さな会社をこれから立ち上げようとする場合、事業を始めるためのさまざまな準備が必要です。その中でも、今後、取引先を増やして事業を広めて行く上で重要になるのが、名刺の作成です。その出来によっては、初対面のときの取引先の方に与える印象を大きく左右することもありますので、あまり手を抜いたものにはしたくないものです。とはいえ、他の準備作業がたくさんある中で、出来のよいものを作るためとはいえ、あまり多くの時間を掛けず、早いスピードで作る必要があります。一方で、まだ売り上げが出ていない段階で、あまり高いコストをかけるのも考えものです。そこで、作成にかかるコストをできるだけ抑えつつ、短期間でよいものを作成するためのコツについてご紹介します。

WEBで発注できる業者を使おう

コストとスピード重視で名刺を作る場合、まずは印刷業者の選定が重要となります。最近では、WEBサイトを利用して注文を発注するシステムを導入している業者も登場しています。このようなシステムでは、WEBから印刷条件やデータを送信して発注するだけで、印刷の発注が完了することから、発注にかかる手間や時間を大幅に削減することができます。また、業者側のメリットとしては、WEBサイトのシステムで受注ができることから、受注に関する人件費を安く抑えることができ、トータルとして低コストで印刷を実現できます。低コストであるといってもサービスが安いわけでは決してありません。用紙や画質などについて細かく印刷条件を設定することができ、自分好みに仕上げることができます。また、発注した日の翌日に受け取ることも可能で、中には、事業を始めてからすぐに新しい取引先に伺うことになった場合でも対応できる場合もあります。

テンプレートを使えばデータ作成も簡単

発注は業者のWEBサイトから簡単にできるのはいいとして、肝心のデータはどうやって作ればよいのでしょうか。手間暇かけてデータを作成しないといけないのでは、結局時間がかかってしまって元も子もありません。この点、WEB発注システムを導入している印刷業者の場合には、そのサイト上に、名刺データを作成するために便利なテンプレートが複数種類準備されていることが多いです。自分が好きなテンプレートをサイトからダウンロードし、各種ソフトを使って、氏名・会社名・住所・電話番号などのテキストデータを、そのテンプレート上に配置するだけで完成です。作成に使用するソフトとしては、画像編集ソフトやお絵かきソフトがあれば便利ですが、ワードやエクセルなどの汎用ソフトを使って作成することも可能です。