スピードアップして名刺作りをするためのコツ

すぐになくなってしまう名刺は、早めに補充しておくように心がけておきたいものです。業者でもスピード対応をしてくれるところが多くなってきているので、困った時でも手早く依頼ができます。普通に依頼する場合でも、通常2~3日程度で手元に届けてくれるところが多いのですが、より早く欲しいのであれば、幾つかのコツがあります。発注する時間に気をつけることと、提出するデータに不備を出さない事です。即日発送などのかなりスピーディーな対応を希望する時には特に注文時間には気をつけておかないといけません。それに、不備を出してしまうと業者側から確認の連絡などが入ってくるので、その分時間がかかってしまいます。慌てず正確な作業で依頼をする事も大切なポイントとなります。

お店選びも素早い納品のためには重要です

多くの業者でスピード対応をしてくれるようになっているのですが、だからと言ってどこでもいいというわけではありません。基本的な対応でも昔よりかなり早くなりましたが、お店側で名刺の納品が即日発送可能というように記載がない場合には通常対応のみになる事もあります。通常の手配でも十分間に合う時ならそれでもいいのですが、少しでも早く納品して欲しい時には特急料金などオプションで費用がかかる事はあるものの、きちんと急ぎでの対応をしてくれるお店選びをする事も重要です。また、離島などの条件が設定されている事もありますので、業者側のマニュアルを読んだり、作業内容を理解しておく事も大切になってきます。その上で注文をしてデータも早く提出すれば、上質なものを素早く納品してくれます。

枚数やデザインなどの品質も気にかけておく

スピードアップして名刺を仕上げていくには、ある程度発注側でも努力をする事がポイントになります。枚数が多くなったり、フルカラーや型抜きなどのこだわりを表現するとなると作業工程が増えるので時間も費用もかかります。テンプレートを使う方がある程度デザインも決まっているので失敗も少ないですが、データを提出して自分好みのものを作る時には、不備が出ないようにソフトやファイル形式など、業者側の指定をきちんと確認しておきましょう。ビジネスには欠かせない必須ツールと言ってもいいですから、適宜補充が出来るようにデータであれば一度作ったものを見直しつつ、何度も使えるようなデザインにしておくのも良いでしょう。発注時は急ぎがちですが、枚数なども間違わないようにして注文をして下さい。